オスグッド・シンスプリント

HOME > オスグッド・シンスプリント

オスグッドシュラッター症

osgoot.gif オスグッド病とは、小学校高学年から中学生の成長期にスポーツのやりすぎによって生じる膝の痛みです。実際には膝関節ではなくその少し下の「脛骨粗面」という場所に痛みが生じます。スポーツで、ダッシュや跳ねたりする動作を繰り返しすることによって、大腿部の筋肉が緊張し、脛骨粗面に付着した膝蓋靱帯が引っ張られ痛みが生じます。

シンスプリント

PNF シンスプリントは、新しい環境(進学時)や運動量が急激に増えたりする時期によくおこり、運動が盛んな年齢である10歳代~40歳代に多くみられます。

ジョギングやマラソンなど陸上競技やジャンプをするような運動、テニス等の急激な横運動を行うスポーツの方に多くみられます。

特に脛の下から1/3の高さに痛みがでます。
また、我慢していると骨に負担がかかり、疲労骨折になることも珍しくありません。
当院では手技マッサージでは届かない深部の痛みに効く、PNFなど最新の治療器で施術します。

オスグット・シンスプリント 症例集

箕面市在住 S.Sさん 10代男性(シンスプリント)

中学に入学して、陸上部に入ったSさん。
走っている最中にふくらはぎの内側に痛みが出ると来院されました。

問診を行った結果、スポーツを始めたばかりの時になる事があるシンスプリントであると判断し、練習量を減らすように指導しました。
また、患部に熱感があったのでアイシングをしました。
痛みのない筋も、幹部の痛みを軽減させる為に通常よりも緊張していた為、しっかりとほぐし、十分なストレッチと筋肉増加(筋トレ)をするように指導しました。

現在も通院中ですが、練習量を減らすようにしていますので、症状は軽減してきています。しかし、まだ痛みの残る状態が続いています。

しっかりと柔軟性のある筋肉を作る事が、怪我やシンスプリントに繋がらない事になるので、スポーツをされている皆さんも、しっかりとストレッチを行うようにして下さい。

新千里東町のTくん 15才男性(オスグット)

陸上の練習で毎日走っていて膝の下に痛みを感じていたのですが、無理して走っていて、だんだん膝の下が腫れてきたので来院されました。 

最初は、足(膝)を中心にマッサージをし、運動も休むようにしてもらいました。安静にしていると痛みも無くなり、膝の屈曲も楽に出来る様になりました。 

1ヶ月間通われて、腫れはまだ少し残っていますが、痛みはほぼ無くなっています。歩行の違和感もありません。運動も足の様子を見ながらされるように話してます。

箕面市稲のTくん 12才男の子(オスグット)

Tくんは小学校3年生からサッカーをしていて、練習も週に3回、朝から夜までビッシリ行なっており、走りっぱなしで足(膝下)にストレスをかけすぎたため、左膝下が痛くなって来院されました。

Tくんは足の痛みを我慢して練習に参加していたので、とにかく走り込みなどの練習量を減らすようにして、毎日通っていただきました。膝~太腿の筋肉をほぐす治療を行い、電気も毎回膝下に当てました。

約1ヶ月間通われて、膝回りの痛みも少しずつやわらいで、今は軽く走るのには、全く痛みもないそうです。今後は無理をしないよう、練習量も今は少なくして、足に負担をかけないようにアドバイスしました。

稲北のEさん 10代女性(シンスプリント)

陸上部でハードルをしているEさん。今までひだまり整骨院に来たことはなく、お母さんに連れられて、来院されました。

痛みの出ている原因として、骨盤・骨格のズレとゆがみがありました。まずは骨盤と骨格の矯正をし、しっかりと筋肉のバランスを整える為、全身マッサージを行ないました。その後、痛みのある場所にPNFを行ないました。

スポーツ選手の場合は、練習中の使い方だけでなく、練習前後のケアが大切になってきます。
今まで、筋肉をほぐした事がなく、初めてマッサージを受けたEさん。劇的に痛みはとれ、3ヶ月後にはベストタイムを更新したそうです。

石丸のOさん 10代男性(オスグット)

バドミントン部のOさんは、整形外科でオスグット・シュラッター病と診断され、注射を数回受けましたが痛みが引かない為、当院へ来院されました。

Oさん自身の大腿四頭筋の自力筋力がとても強く、まず筋肉をしっかりとほぐし、痛みの出ている場所にPNFをあてました。そして、膝の使い方、筋肉の使い方に変なクセがあった為、正しい使い方の教育を行ないました。

学生時代のクラブ活動はコンディションの良し悪しで、3年間に大きな差が出ます。
しっかり治して、日頃の体のメンテナンスも忘れずに行って下さい。

トップへ