けんしょう炎

HOME > けんしょう炎

けんしょう炎

腱鞘炎施術 朝、目が覚めてすぐに手や手首が痛み出す・・・
夜寝るまで頭の中からけんしょう炎の事が消えない・・・

痛みを悪化させないためにも、「けんしょう炎などで手首に痛みがある時は、出来るだけ手や手首を動かさないよう安静に過ごすことが望ましい」と、一般的には言われています。
しかし、そうは言っても仕事もあるし、やりたいことだってたくさんある。
手や手首を動かさないように生活する事なんて、なかなか出来ることではないですよね。
それに、そんな生活を続けていたらストレスも溜まって、余計に痛みが長引いてしまうことだってあります。
長引いてしまうと炎症も酷くなり手術をしなければならないことも・・・
できるだけ、早めの施術をお勧めします。

けんしょう炎の原因例

手・指・腕を長時間、反復継続して使われる方は腱鞘炎になりやすい
本人の持っている筋力に対して、大きな負担が長い時間加わる事で炎症が起きてしまいます。
普通に使う分にはまったく問題ありませんが、その部分をずっと使い続けることが良くないのです。

施術方法

けんしょう炎は、痛みの状態をかばう為に、腕・ヒジ・肩にある筋肉が緊張して無意識のうちに全身の骨格バランスが崩れます。それがさらに痛みを増幅させ、治りにくくなるという「悪循環」に陥っていったりします。
ですので、まずは痛い部分ばかりに着目するのではなく、痛みの引き金となる筋肉・骨格のズレまたは使い方を見つけ問題が改善されることで、そのぶん早く痛みや腱鞘炎の解消につながります。

けんしょう炎 症例集

茨木市豊川のNさん  30代女性

Nさんは毎日仕事で(クリーニング店)大きい業務用のホッチキスを右手で何回も使うので
右手首に痛みを訴えて来院されました。

最初から右手前腕の筋緊張が強かったので肘から下を重点的にほぐしました。
その後PNFの電気を毎回やりました。

ほぼ1ヶ月間通われましたが、仕事で毎日使いながらの治療ですが、少しずつ楽になっているようです。

茨木市豊川のNさん 30代女性

Nさんは毎日仕事で(クリーニング店)大きい業務用のホッチキスを右手で何回も使うので、右手首に痛みを訴えて来院されました。

最初から右手前腕の筋緊張が強かったので、肘から下を重点的にほぐしました。その後にPNFの電器を毎回やりました。

ほぼ1ヶ月間通われ、仕事で毎日使いながらの治療ですが、少しずつ楽になっているようです。

牧落のOさん 30代男性

Oさんはよく手を使われているそうで、整形外科で痛み止めの注射をうっていましたが、よくならず当院へ来院されました。

Oさんは手首の使い方にクセがあり、手根骨と橈尺骨という手首まわりの骨のバランスが悪くなっていました。ですから、手首の矯正を初回から3回行い、毎日は来られないということでしたので、できる限りの来院で首まわり・肘まわりの筋肉のハリを取り除いていくマッサージを週2・3回行いました。そして痛みを取るPNFという治療を来院時に必ず行っていきます。

1ヶ月くらい経ち、Oさんにもご自宅でできる手首のストレッチを毎日行っていただき、最初のうちはなるべく安静にしていただくようお願いしたところ、今では支障なく生活ができているとおっしゃっていました。

箕面市船場東町のKさん 40代女性

Kさんはパートで"はさみ"を毎日繰り返し使う仕事に就いておられます。それにより右手の指の付け根から手首にかけてが、指を曲げると常に痛みが出るようになり、当院へ来院されました。

とにかくよく使っている右手首から上腕をマッサージでほぐしていきました。特に前腕の親指側のハリを取ることを重点的に行っていきました。

やはり腱鞘炎は動かさないことが治療の早道ですが、Kさんはパートで毎日手を使っていますので、手を使いながら、毎日緊張を積み重ねていく筋肉をほぐすために、2週間は毎日来院していただきました。
現在は週2回ぐらい来院し、継続治療されており、かなり調子も良いようです。Kさんのように今後仕事を続けていくならば、継続した治療が必要になってきます。

箕面市在住 M.Nさん 30代女性

生後7ヵ月のお子さんがいるMさん。出産してから、右の手首が痛くなってきたと来院されました。

問診を行ったところ、片方の手をお子さんを抱っこする際に、頻繁に使っているため、腱鞘炎になっていると分かりましたので、バランスよく両手を使うように指導しました。
また、右半身の筋肉の緊張から骨盤に歪みが生じていましたので、調整を行いました。

Mさんは小さなお子さんがいるので、週1回のペースで治療に来ていただきました。
日頃から筋肉の使い方にも偏りがあり、骨盤の歪みも気にされていらっしゃいましたので、骨盤矯正も月に1回行うようにしました。

現在では腱鞘炎の痛みがなくなりました。今はお子さんを抱っこする時に意識して、抱く手を変えているそうです。

50代女性 Tさん

Tさんは調理師をしておられて、毎日かなりの量のキャベツを刻んでいるそうで、
包丁をもてないほど右手首を痛めて来院されました。

腱鞘炎は重度の場合はちょっと指を動かしただけでも手首のあたりが非常に痛み、手指を使うすべての動作に支障をきたします。

腱鞘炎は、手首が痛いのでそこだけが悪いと思いがちですが、実は首、肩、背中、腰・・・・すべて疲労し緊張しているのです。
実際Tさんも手首をかばいながら仕事をしていたために肩の筋肉がかなり緊張した状態、また姿勢にも問題があり背骨・骨盤の歪みをただす治療を行いました。

痛み止めの薬を塗り、湿布を貼っても一時的な緩和でしかありません。
当院では手首だけでなく体全体のことを考え治療をサポートします。

トップへ